人気ブログランキング |

漢方薬を煎じています

 こんにちは!! 暑い日が続きますね。
 私は体調管理の為、現在漢方薬を服用しています。飲み始めてから何となく体調が良い感じですよ。とは言え素人療法は危険なので東京白金の北里大学内にある東洋医学総合研究所で診察を受け、オーダーメイドで漢方薬を処方していただきました。
 どのような診察かと申しますと、まず舌を出してその状態を見ます。(舌診と言うそうです。)次は両腕を差し出しますと脈を左右同時に診察します。(脈診です。)さらにお腹を丁寧に診察します。(腹診と言って日本独自の技術で、本家である中国では発達しなかったそうです。)気になる漢方のお値段ですが、自由診療なので保険は適用にならず、一日分約千円位です。
 煎じ方ですが、当初はステンレス鍋で約40分位とろ火で煮出し煎じていました。今は専用の漢方煎じ器(マイコン式)を利用しています。煎じ方は水と生薬を入れ、後はボタンを押すだけ。出来上がったら茶こしでこして、ハイ 出来上がり ! ! とっても簡単でスピーディ、今となっては手放せません。
 飲み方は夕方煎じ、寝る前に一杯朝起きるや否やもう一杯、一日2回です。最初は独特のにおいと味なので飲みにくかったですが、慣れてくると結構美味しい(?)ですよ。
漢方薬を煎じています_b0117859_1650793.jpg また、旅行などで煎じることが出来ない場合は携帯用のアルミで包装されたエキス剤を処方してもらえます。郵送でも対応していただけるので、わざわざ東京まで出掛けなくても入手可能です。
 持病をお持ちで西洋医学の薬が処方されている方の場合でも例外を除けば併用は差支えない場合が多いそうです。
 私が今、服用している煎じ薬は人参湯合真武湯(ニンジントウゴウシンブトウ)霊芝(レイシ)です。難しい名前ですね。
 漢方薬にご興味のある方は日本でトップレベルの北里大学東洋医学総合研究所にお問い合わせください。(TEL 03-5791-6167)場所はJR田町駅から都バスで約15分位です。
 まだまだ暑い日が続きますが、しっかりと体調管理をして、この暑い夏を乗り切りたいと思います。
 来る7月23日(土)・24日(日)に行われる相談会では「冷んやりタオル」をプレゼントします。さらにOB様限定で「クックドームスチーマー」もあげちゃいます。
 皆様、是非お気軽にお出掛けください。ではお元気で !

# by sinsetu_reform | 2011-07-23 15:28  

長野で2番目に旨い「蕎麦」をいただきました

 厳しくもまた清々しい寒さ、皆様ご機嫌いかがでしょうか。お陰様で今年も無事越年する事ができました。これも偏に皆様方のお力添えの賜と深く感謝申し上げます。
 さて、昨年の11月ですが、社員旅行で長野に行ってきました。社員さんの要望は、
「とにかく旨いものが食べたい!」
とのこと。そこで、パソコンが苦手な大橋ですが、ネットで長野で一番人気の蕎麦屋を検索しました。
 結果、戸隠で一番人気のお店「うずら家」が見つかりました。ところが水曜が定休日、運悪く旅行日と重なってしまいました。そこで二番人気のお店「そばの実」に行くことになりました。
 早朝8時、バスで上里町を出発、本庄・児玉ICから関越道で一直線とおもいきや、藤岡JCTあたりで事故が発生、通行止めとなってしまいました。やむなく一般道で富岡ICに、そこから高速に乗りました。そんなこんなで到着したのは12時を回ってしまいました。平日にもかかわらずさすが人気店、30分程待ってやっと食事にありつけました。
 そしていよいよお蕎麦が登場!「これは旨い!! ! 」石臼自家製粉を使用しているだけあってしっかりとコシもあり、なんとも優しい食感でした。以前「うずら家」で食べたことのある社員さんも「ここの方が一段と旨い!」と申していました。
長野で2番目に旨い「蕎麦」をいただきました_b0117859_16422144.jpg

 大満足の昼食後は長野観光定番の善光寺に行き、もちろん「お戒壇めぐり」をしてきました。ご存知の方も多いと思いますが、真っ暗な地下の回廊を右手で壁を伝わりながら進むと中程に懸かる「極楽の錠前」を探り当てることができ、極楽浄土に行くことができるという訳です。
 最後は教養を高めるべく北野美術館(長野市)に行きました。横山大観の作品も所蔵しているとのことですが残念ながら今回は展示されていませんでした。
 それでも葛飾北斎松尾芭蕉等の作品を見ることができ大変有意義な時間を持つことができました。
 まだまだ寒い日が続きますが、寒さに負けず、今年もまた良いことがたくさんありますようお祈り申し上げます。

# by sinsetu_reform | 2011-01-12 13:18  

不動産雑感

 日ごと秋色深まりゆく今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 お陰様で弊社不動産部が発足して早5年が経ちました。現在、売買部門賃貸部門の2本立てで営業をさせていただいています。尚、今日はニュースレターを読んだ人だけが得をするお話をさせていただきたいと思います。
 さて、土地の価格ですが、デフレの影響を受けて現在も下落を続けています。今後の見通しですが、土地の価格が上昇に転じる見込みは少ないでしょう。今、遊休地等をお持ちの方は、一刻も早く処分し、お金に変えるべきでしょう。
 確かにお金に変えても金利は雀の涙ほどです。しかしながらデフレで物価の下落が続く限り実際は表面金利以上の利回りが実現しているのです。やはり下落を続ける土地を持ち続けるよりは、お金に変える方がお得なのです。
 それと私が是非おすすめしたいのは戸建中古住宅を購入し、それを賃貸に出し収益を手に入れるということです。現在アパートの空室率は上昇の一途をたどっていますが、それは集合アパートや安普請の戸建アパートに限った話しです。入居者が渇望している戸建賃貸住宅の潜在需要が圧倒的に見込めるのに対して供給はほとんどないのが実情です。
 とは申しても新たに土地を購入してその上に新築したのではまずペイしません。「収益還元法」という言葉をお聞きしたことがあるかと思いますが、投資という観点からいとも簡単に不動産の適性価格を算出することができます。
 戸建でしたら入居者が希望する
   ①騒音に悩まされない
   ②複数台分の駐車スペースの確保
   ③ペットの飼育
   ④必要な室数と広さが確保できる

等、全てを一挙に実現することができます。当然入居期間も長く、その分、空室のリスクも低減する訳です。
 そこで問題となるのが、優良中古物件をどのように入手するのかということです。多くの人がここで頓挫してしまいます。しかしながら、そこは私お任せ下さい。中古物件の目利きでしたら私の右に出る人はいないでしょう。(・・・と本人は自負しています。)
 さらに優良入居者がいて初めて収益を上げることが可能となります。リフォームおおはしなら賃貸部門もありますので優良入居者の募集もドーンとお任せ下さい。
 収益を生まない土地、ほとんど金利がつかないお金をそのままにしておくのは本当にもったいない話です。安全な実物投資である戸建賃貸住宅の経営を是非共ご検討下さい。少しでも関心がおありの方、どうぞ大橋(おおはし)までお気軽にご相談下さい。
 今回は商売じみた話でゴメンなさい。次回は楽しいお話をお伝えしたいと思います。
 では爽やかな秋を過ごされますよう・・・。

# by sinsetu_reform | 2010-09-29 19:01  

箱根探索に行ってきました

 過日、家内(当社事務長)と日帰りで箱根探索に行ってきました。最大の目的は「箱根ラリック美術館」に展示してあるオリエンタル急行(パリ~イスタンブール)です。家内の夢はヨーロッパのオリエンタル急行での旅行だそうです。しかしながらそれはとても無理ですので、せめて箱根でと今回の日帰り旅行となりました。
 本庄駅より湘南新宿ラインで小田原駅に、そこから箱根登山バスに乗り換え美術館に到着しました。箱根ラリック美術館は、フランスが生んだガラス工芸の鬼才「ルネ・ラリック」の作品が多数展示されています。その美術館に併設する形でオリエンタル急行のサロンカーが展示されています。
 このサロンカー、ヨーロッパから運び込まれ、その車内はラリックが制作した華麗なガラス・レリーフ照明器具等で彩られています。ラリックのガラスが織り成す空間芸術を体感しながらカフェを楽しむことができるのです。(1回20名限定、1名2,100円) それはそれは至福のひとときでした。まるでヨーロッパの貴族になったような気分でした。皆様も是非お出掛けください。最高ですよ!!
箱根探索に行ってきました_b0117859_16275765.jpg

 その後は箱根ロープウェイに乗り、火山ガスが噴出している大涌谷に行きました。そこで1個食べると7年寿命が延びるという黒玉子(地熱を利用して作られ、温泉に含まれる硫黄と鉄分で黒く変色したもの)を2個食べました。よって7年×2=14年も寿命が延びました。バンザーイ!? そして最後は箱根山のカルデラ湖である芦ノ湖に行き、海賊船に乗り元箱根に到着しました。天候にも恵まれ、湖面を流れる風はとても清々しかったです。
 帰路は箱根湯元から新宿まで小田急ロマンスカーで快適な道中でした。新宿からは再び湘南新宿ラインで本庄まで一直線!! 本当に湘南新宿ラインは便利ですね。
 普段なかなか奥さん孝行できない私の罪滅ぼしの一日でした。

# by sinsetu_reform | 2010-07-19 14:52  

輪読会を3年やっています

 春の弥生のころ、木も花もつぼみを膨らませていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 実は当社では3年前より月に1回、午後5時~7時までの2時間、輪読会を実施しています。皆様のお役に立つにはプロとしての建築知識はもとより人間的にも成長しなければとの想いからです。
 今、輪読しているのは邦訳440万部突破の超ロングセラー本「人を動かす」(D・カーネギー著)です。この本は、私が学生の時に、英語のテキストとして使用されていました。青二才の私にとっては衝撃的な内容であり、同時に経験したことがない実社会を窺い知ることもできました。内容的には平易で実話を引用した文章が多く非常に説得力のあるものです。
 話は変わりますが、私は大の「ブックオフ」ファンです。時間がありますとブックオフに立寄り100円コーナー目差してまっしぐら。少しでも関心があると籠の中にボンボン入れます。それでも1500~1600円位、安いもんです。そして布団の周りに積読だけです。でも気が向けば手にします。10冊買って1冊読むだけでも元は十分取れると考えています。出張の際には、2~3冊カバンの中に入れ、電車の中で読んでいます。
 輪読会に話は戻りますが、それにはもう一つ楽しみがあります。それは輪読会終了後の食事会です。場所は決まっていて、近所のカレー専門店「モロッコ」です。サラダとスープ付でとってもおいしいですよ。先日は松本が激辛に挑戦見事完食しました。(本人、胃の調子が少しおかしいと言ってましたが・・・)
 これからも皆様のお役に立ち、地域の人達から必要とされるリフォーム会社であり続けたいと思います。天も地も躍動の春です。皆様のご健康とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
輪読会を3年やっています_b0117859_16194851.jpg

# by sinsetu_reform | 2010-04-03 10:34