人気ブログランキング |

親父の言葉

 今日は親父の話をさせて頂こうと思います。親父は大正7年、群馬県の倉渕村(現在の高崎市)で生まれ、存命ならば89歳です。残念ながら9年前に他界しました。
 当社の創業者でもある訳ですが、若いときは海軍のパイロットでした。オーストラリア爆撃の際、イギリスの戦闘機「スピットファイア」に攻撃され左足に被弾、結果生還することができました。
 高等小学校卒で学歴はありませんでしたが常々「俺は海軍大学卒業だ。」と言っていました。戦後、私の祖父が製材工をしていた関係で製材工場を始めたのがこの業界に入るきっかけとなった訳です。以後50年間、脳梗塞で倒れる78歳まで材木屋一筋の人生を送りました。私も19年間一緒に働くことができ、親父との思い出は数え切れないほどあり、とても幸せでした。
 晩年、親父が書き残してくれた言葉がありますのでご紹介させて頂きたいと思います。
「真っ直ぐ歩め人の道、努力により開け運命の扉」
 これに違わない人生を歩むことが私に課せられた使命であると考える今日この頃です。

# by sinsetu_reform | 2008-01-22 11:51  

ダイエット成功物語!

 私、この度3ヶ月間でなんと96kgから84kgと12kgの減量に成功しました。(それでも標準体重よりは8kgオーバーですが・・・)きっかけは不動産業の師と仰ぐ福岡県は太宰府市の「ビス経営アカデミー」本村会長の一言でした。「大橋さん、痩せなさい。そうでないと寿命を縮めるよ!」と。今までの私でしたら馬耳東風。それどころか「いくら標準体重でも健康を害していたら何もならないでしょう。太っていても健康ならノープロブレム」と、うそぶいていました。
 ところが今回は相手が悪かったです。尊敬する本村会長のおっしゃる事は絶対です。そこで意を決してダイエットに挑戦しました。昼食を抜いて「一日二食」としました。もっとも江戸時代の頃、庶民の一般的食生活は「一日二食」だったとされています。時計で計ったように三食摂るようになったのは明治以降です。
 もっとも体調を崩してはいけないので豆乳を飲んだり煎り黒豆を食べたり、また果物も十分摂るように心掛けています。さらに、体を動かさないといけないのでウォーキングも始めました。(もっぱら本庄早稲田駅周辺の大久保山を歩いています。)
 減量の結果体を動かすのがとても楽になりました。スタミナも付いてきました。見た目も格好が良くなりました。(・・・??)しかし良いことだけではありません。ズボンのウエストが15cmも細くなった為、今までのズボンが全てダメ。ワイシャツも首回りがダブダブです。先日ブレザーを着ていたら「まるで仮縫いみたいね」と笑われてしまいショックを受けました。身だしなみも
お客様に対するエチケット。そんな訳で今年の正月は一通りのものを買い揃えたので大変な出費を余儀なくされました。もう元には戻れません。新年早々リバウンドだけはしまいと堅く決心をした次第です。
 そんな訳で「ダイエット」と「リフォーム」のご相談は是非大橋までどうぞ。

# by sinsetu_reform | 2008-01-09 17:19  

雨漏り雑感

 すっかり秋めいてきましたが、いかがお過ごしですか?
 今年の台風9号(9月7日)は関東地方を直撃、当社には雨漏り補修依頼が殺到しました。
そんな訳で、台風直後はその対応に大忙しでした。
 しかしながら雨漏りの補修は、かなり難易度の高い仕事です。まず最初に雨漏りのしている
箇所の特定をしなければなりません。具体的にはホースで散水するのですが、これも経験とコツが必要です。水下より水上へ、可能性の低いところから高いところえと順次水を撒いていきます。(どこに可能性があるのか見極めるのがポイントです。ここで屋根・壁の工事経験25年が
ものを言います。)雨漏りの箇所が判明したら次は補修方法の検討にはいります。しかしここが
最大の悩みの種です。費用対効果を考えなければならないからです。
 正直雨漏り補修工事は割りにあいません。さらにリスクも伴います。実際自分が手がけた仕事の雨漏りでさえ対応しない方も多いのが現実です。まして他人が手がけた仕事の雨漏り補修は誰もしたがらない(できない?)のが実情です。
 しかしながら現実に困っている人がいて、当社がお役に立てるならやはり積極的に取り組んでいかなければと思います。当社の存在が少しでも地域の皆様の福音になれば望外の喜びです。

# by sinsetu_reform | 2007-10-01 15:39